板橋宿と江戸の行楽地・王子

第1回 江戸四宿・板橋宿
〜その1

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:北橋なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

「板橋」のルーツは結構古い?

こんにちは、大江戸さん。文化部の北橋です。今度都内版で「板橋・王子今昔」っていう企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れない演歌歌手みたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから探してこい」って言われて、これを苦労して見つけてきたんですよ。

おおっ、これは「獺祭(だっさい)」の大吟醸じゃないの!蔵元は山口の旭酒造だ。ここの酒は濁り酒も旨いんだ。いやぁ、これはなかなか手に入らないんだよ。ニホンカワウソ(獺) もいなくなっちゃったし。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「板橋・王子今昔」っていうテーマです。江戸時代の宿場町、板橋宿や行楽地として賑わった王子の成り立ちから現在まで、地元の歴史を振り返ろうっていう…。

板橋に王子こんじゃくねぇ。えへへ。ちょうどいただいた刺身こんにゃくがあるから、こいつを肴にまずは一杯やってからだな。大吟醸はさぁ、常温じゃ持たないから、開けたら飲みきらないとね。

まだ仕事前じゃないですか。今から飲んじゃって大丈夫かなぁ…。

大丈夫に決まってんだろ。だいたいねぇ、キミは江戸から現代までって言ったけど、板橋や王子っていうのは結構歴史が古いんだよ。まずは板橋ね、地名として確認できるのは『源平盛衰記』からだからね。平安時代末期にはすでにそう呼ばれていたことになる。まぁ、そもそも板橋っていう地名の由来ねぇ…。

あ、それなら調べてきました。石神井川にかかる板の橋が珍しかったから、板橋っていう名前になったって…。

それが定説だわな。だけど考えてみなよ。石で出来た橋は石橋だろ。じゃあ木でできた橋は何て呼ぶ?

木橋? あ、そうか。板橋って呼ぶのは不自然かもね。

板とか石とか言う以前に、昔は橋自体が珍しかった。そういうわけで、武蔵野台地という段丘(いた)の端(はし)にあったからという異説もある。ただ石神井川に「板橋」という橋がいまでも存在していることは無視できないけどね。

『源平盛衰記』には、板橋はどんな風に書かれているの?

兵衛佐(ひょうえのすけ)、これは源頼朝のことだけど、武蔵国豊島の上、滝野河・松橋と云ふ所に陣を取ると書かれている。

それなら、板橋じゃなくて松橋じゃないの。

ところが『平家物語』の写本である長門本には「たきの川いたはし」と書かれているから、『源平盛衰記』の記述は板橋の誤りであろう、というのが板橋区の解釈ね。

っていうことは、他にも解釈があるっていうこと?

板橋は通過点であって、実際に陣を張ったのは滝野川村の「松橋」地区というのが北区の説だ。まぁ、個人的にはどっちでもいいけど『義経記』では「頼朝が勢(せい)、武蔵国王子・板橋に著(つ)けよ」と地名としてはっきり出てくるから、いわゆる“源平もの”が生まれた室町時代には、板橋という土地は世間に知れ渡っていたと見るべきだろうね。

そうなんだ。板橋の住民としてはちょっと鼻が高いわね。

中世の記録に「板橋」の名はちょくちょく出てくるんだけど、歴史の“表舞台”に立つのは、江戸時代以降、中山道最初の宿場町としてだ。まぁ、急ぐ旅でもないから、その話はこの大吟醸を飲み干してからってことに…。
<次回へ続く>

ページトップへ戻る